車の選び方

高齢者がいる場合の車の選び方

高齢者がいるときは

田舎暮らしに車は必須ですが、狭い道を走ることもあり、軽自動車が人気です。

最近は燃費のいい軽自動車が増えてきましたね。
コンパクトさが魅力の軽自動車ですが、今の軽は少し大きくなったとはいえ、当然ながら普通車の広さには追いつきません。家に1台車があると、2台目は2ドアでもいいか、と思いがちです。
しかし、2ドアは小学生くらいの子供までならいいものの、それ以上やご高齢の方、足の不自由な方がいる家庭には不向きです。
後部席に乗りにくいことは想像に難くありませんね。
もう1つ、気を付けたいのが車高です。
バンなどの貨物用ですと、意外と車高が高い。
これは荷物を積んだ時の沈みを計算して作られているからですが、おじいさん、おばあさんを病院に連れて行かなくてはならなくなった時、この高さがアダになります。

 

車査定で高く売ろう

 

体の自由が利かなくなった人間にとって、軽貨物車はやや乗りにくい車なのです。
ではどのような車がいいか。
普通車のコンパクトカーですね。
軽自動車並みの小回りも利きますし、何よりも年配者が乗りやすい。
コンパクトカーの残念な所は、軽自動車並みのサイズなのに税金が高い点。
これさえ何とかなれば、田舎でもコンパクトカーが主流になれるのに…
車査定はこちら

新車を購入される方への注意点

新車購入時の注意って

今までに新車を購入したことなくて今回初めて新車を検討される方へ注意点を2つ説明したいと思います。
まず最も重要な点は今乗っている車の車検時期と次の新しい車の納車時期です。
初めて新車を買う方は納車までにどのくらい時間がかかるのかわからない方がほとんどです。
実際に人気の車は最長で半年掛かることもあります。

 

車査定

 

その前に今乗っている車の車検が到来してしまうと車検代も払わなくてはいけなくなります。その上新車の車両代を払っていては損した気分になりますよね。
まずは買い替えを検討されている方は納期の情報を確実に仕入れましょう。
2つ目は、車の登録までに自分でできることはしようということです。車の注文書を見てください。
車の登録費用いくらかかっていますか。車のディーラーは登録手続き代として10万円近く掛かっているように表示していますが、実際の費用はその半分程度です。残りの半分は手数料として取られています。
車の購入は高くてとても悩みますよね。注文書の内容をしっかり確認してコスト削減に取り組みましょう。
高額買取!車査定の申込みはこちら!

更新履歴